読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3つのエネルギー ワータ、ピッタ、カパ

アーユルヴェーダの特徴的な考え方の1つとして、

体を単なる物質と捉えず、体の状態をつくるのには

目に見えない生体エネルギーが働いていると考えます。

この生体エネルギーのバランスによって、

その人個人の体質が決まり、アーユルヴェーダのトリートメントは

その体質に合ったものを行うことで、効果が発揮されます。

 

アーユルヴェーダを行うにあたって、

まず自分のエネルギーはどれが強いのかを知り、

自分の体質を知ることが重要です。

 

3つの生命エネルギー

ワータ=風のエネルギー

ピッタ=火のエネルギー

カパ=水のエネルギー

 

これの生命エネルギーは、全ての人が3つのエネルギーを持っていますが、

人によってそれぞれのエネルギーの強さが異なり、

そのバランスによってその人の体質が決定します。

 

ワータが強い人もいれば、ワータとピッタが強くてカパが弱い人、

3つのバランスが良い人(トリドーシャ)、と様々な組み合わせがあるので、

体質は100人いれば100通りあると考えます。

 

これらのエネルギーが活発になりすぎたり、弱りすぎると

体や心の不調をきたします。

 

では、次回はそれぞれのエネルギーについてご紹介します。