読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋も、人生も「掃除」して美しくなる

あなたの部屋は、片付いているでしょうか。

清潔でしょうか。

 

心はどうでしょうか。

 

自分に必要の無い感情がいっぱいあったり、

自分のためにならない人間関係があったり、

怒りや嫉妬で、ドロドロの感情があったり、しないでしょうか。

 

アーユルヴェーダでは、(アーユルヴェーダに限ったことでは無いですが)

身の回りの整理整頓と、清潔を心がけることを教えます。

 

ということで、

今回は、物を持たないことについて、考えてみます。

 

 

私は、部屋にできるだけ物を置かないようにしています。

 

それは、視界に入る風景が常に美しくあるように、

(目から入る情報を、質の良いものにするために)

 

という思いもあるのですが、私が物をあまり所有しないでいられる

根本的な理由はそこではありません。

 

 

一番、大きな理由は、「無所有」の考えです。

 

つまり、余分なものを所有して、それに執着したり、

それに気を紛らわされるより、

できるだけ、何も持たないほうが、楽だ、と考えています。

 

 

「自分にとって無駄なもの」

「妥協しているもの」

「私らしく無いもの」を身の回りに置くと、

自分の価値観がぶれます。

 

これは、物に限ったことではなく、

心でも同じことが言えます。

 

自分にとって大事な価値観を理解して、

それに合わないものを、置かない=選択しない

ようにすると、心をキレイに保ちやすくなります。

 

 

例えば、自分の価値観で

「常に人を尊敬することを、心がけられる自分でいよう」

と、決めた場合、

 

自分が期待していない言動を、他人から受け、

傷つきそうになった場合でも、

 

私が選択するのは、

「どんな状況であっても、その人の立場を尊重し、

 言動を受け入れること」という価値観なので、

 

人を見下したり、(優越感)

イライラしたり、(傲慢さ)

自分が悪いんだ、、と自分を責めてしまったり、(自己嫌悪)

 

という価値観は、

捨てる=手放すことができます。

 

  

また、余分なものが無くなると、部屋の整理整頓も楽になるように、

 

自分の生活においても、余分なものを無くして、

自分らしいものや、自分にとって必要なものを残していくと、

取捨選択をすることが、どんどん楽になります。

 

 自分の心(部屋)に、残したい感情・価値観(モノ)が、

明確になるので、余分なものはどんどん、

つまみ出すことができます。

 

逆に、部屋が散らかっていたり、ゴミをのそのままにしているときは、

自分を大事にしていなくて、

やりたく無いことを我慢したり、

自分の価値観に合わないことを、やっているのではないかと、

自分の生活の内容を、いまいちどチェックします。

 

部屋も、人生も、お掃除をして、美しい生活を送りましょう。