読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼から連絡が来なくて、不安、、そんなときは

恋愛

今回は、初めて「恋愛」をテーマに、

アーユルヴェーダの考えも交えながら、書いてみたいと思います。

 

恋愛において、特に女性がイライラすることの1つに

「彼からの返信が遅い」

「彼からの返信がそっけない」

という、LINEなどのコミュニケーションの問題があると思います。

 

今回は「彼から返信が来ない。気になってしょうがない!」

というときに、どうすれば少しは気が楽になるかについて、

考えたいと思います。

 

まず、そもそも恋愛の根本にあるのは、

「承認欲求」と「性欲」です。

 

(ここでいう、性欲とは、異性からよく見られたい、という気持ち全般です)

 

この2つは、両方とも本能なので、

抑えることは非常に難しいため、

この「承認欲求」を上手く自分で満たしてあげることが、

恋愛において、過度にイライラさせられないために重要です。

 

満たされなかった承認欲求を自分で満たす

 

愛されたい=承認欲求 です。

 

「もっと頻繁に連絡してほしい」

「もっと長文で返してほしい」

など、相手に対する欲求は、

 

「私のことを大切に思っている、と感じさせてほしい」

「自分が価値のある人間である、と思わせてほしい」

という承認欲求の結果です。

 

つまり、相手が、期待通りのコミュニケーションを

とってくれていないときは、

「自分は○○されるだけの価値がある」

という、自分が期待している「承認」を

得られていない状態、ということです。

 

この欲求不満を埋めるには2つの方法があります。

 

妄想で自分を傷つけない。彼は彼、私は私。

 

1つは、相手の行動を、個人的にとらえないということです。

つまり、相手の行動の意味を「決めつけない」ということです。

 

アーユルヴェーダでは、

全ての苦しみは「自我」が存在するから生じる、

と説きますが、恋愛においても、

この「自我」が、相手に期待をさせ、

相手の行動を自分なりに解釈させることで、

色々な悩みや苦しみが生じます。

 

 

私たちは、満たされなかった承認欲求を、

自分への攻撃に変換してしまいがちです。

 

「彼から返事がこない、、きっと嫌われた」

「きっと、他にもっと楽しいことがあるんだ」

「彼にとって、私は、価値が無いんだ」

 

というように、

認められていない=自分の価値が低い

と結論付け、自分を攻撃してしまうのです。

 

しかし、それは事実でしょうか。

 

そもそも、「好きだったら1日に最低1回は連絡するはず」とか、

「大切に思っていたら、もっと素敵なデートに誘ってくれるはず」

という期待自体が、

自分が勝手に作った基準ではないでしょうか。

 

返事が遅い=嫌われた のでしょうか。

 

彼は、連絡がまめにできないタイプなのかもしれません。

(ちなみに男性は、女性と同じ頻度で連絡できる人は稀です。

傾向として、脳のつくりに男女差があります。)

仕事が立て込んでいるのかもしれません。

 

このように

「自分が判断をしていること」

「自分が決めつけていること」

で、自分自身を傷つけてしまっていないでしょうか。

 

 

また、自分が相手だったらどうでしょうか。

相手の立場になって、

「他人には、自分には理解できない状況や背景があるんだ」

と冷静に考えることは非常に重要です。

 

自分=相手と考え、相手を尊重すること、

相手の自由を認めることをしないと、

自分が自由になることができません。

 

自分で、自分を認めてしまう、セルフ承認

 

2つ目は、自分磨きに励む、です。

 

彼にほっとかれているうちに、自分はどんどん良い女になっちゃおう!

ということです笑

 

これは、外面的なことでも、内面的なことでもOKです。

美容院に行くでも、美術館に行くでも、資格の勉強をするでも、

一緒に行こうと思っていた映画に行くでも、ヨーガに行くでも、

何か、自分を内面的にも外見的にも、

より美しくすることに、時間を投資してあげてください。

 

そうすれば、

「綺麗になった!」「良い経験をした!」

という実感があるので、自己肯定感が芽生え、

自分の承認欲求を、自ら満たしてあげることができます。

 

相手に「綺麗だね」とわざわざ言ってもらわずとも、

自分に自信を持てば、承認欲求が満たされます。

 

また、色々、相手との関係を心配して

ネガティブな気持ちで時間を過ごしてしまうのは、

そもそも、「考える時間がある=暇」だからです。

 

仕事が忙しいときは、自分からも連絡を全然していなかった、

という経験が無いでしょうか?

 

忙しいときや、充実しているときは、

悪い妄想をする余裕が脳にありません。

 

そういう意味でも、部屋にこもってウジウジ

相手のことを考えるより、

外に出て、忙しく、自分磨きにいそしんだほうが、

心の健康に良いのです。

 

そうしているうちに、彼から連絡がきたり、

もっと素敵な人と、出会ったりすると思います。

 

私は、女性の「相手を愛しい」と思う気持ちは、

非常にいじらしくて、素晴らしい、愛らしいことだと思います。

 

だから、その素敵な気持ちのために、自分を傷つけてしまうのは

できるだけ避けてほしいと思います。

 

感情をコントロールする必要はありませんが、

自分を大事に、してあげてください。